シーリング打替工事

シーリング打替工事


鉄筋マンション、頑丈そうにみえるけど…

シーリング(シール)工事とは、建物の外壁を構成する外装パネル(サイディングボード・ALCパネルなどの外装材)・コンクリート・タイル・モルタル・ガラス・サッシ間など、様々な部位の各種部材間(目地)に防水性・気密性を確保する目的で行なう工事です。
コーキングとも言われています。

建物の目地は気温や湿度の変化、地震や風圧などの自然条件によってその幅が変化するため、シーリング材にはそれらの動きに追従する柔軟性が必要とされます。
建物同様にシーリング材に関しても5〜10年ほどで硬化するなど、劣化症状が現れてきます。
シーリング材が劣化すると防水性・気密性・柔軟性を発揮できなくなり、外壁のひび割れや雨漏れの原因になる恐れがあります。そのため、シーリング材の打替工事が必要になるのです。

適切な組み合わせを選定して施工

適切な組み合わせを選定して施工

シーリング材にはたくさんの種類があり、不適切なものを使用すると本来の性能を十分に発揮できなくなるばかりではなく、シーリング材に含まれる可塑剤が表面に浮き出ることによりベタつき、周辺を汚染(ゴミを付着して黒く汚して)しまう事にもなりかねません。

工法・部位・構成材とシーリング材の適切な組み合わせを選定して施工を行ないます。

  • 施工前
    施工前
  • 施工中
    施工中
  • 施工後
    施工後