header

 

 

お問い合わせ

header tel

Homeお客様の声相模原サニーハイツ大規模修繕工事

相模原サニーハイツ大規模修繕工事

 

 

 

 

sani

 

 

 

 

sani2

1.大規模修繕事業実施方針

 相模原サニーハイツは相模原市南区の通称行幸道路沿線に立地し築40年となるマンションです。100戸の区分所有がありますが、管理人室1戸、集会室1戸があり居住区分としては98戸です。竣工時に入居された方々が永らく居住されており、結果として高齢者が多い構成となっています。管理組合の運営は自主管理で行っており、今回の大規模修繕事業も98戸から選任された理事、建築関係に詳しい方、また過去の大規模修繕事業を経験した方で「大規模修繕推進委員会」を発足させ検討が行われました。

 40年の間に大規模修繕事業は、約10年毎に計画的に実施されてきており、今回は3回目の大規模修繕事業となりました。回を重ねる毎に経年による老朽化に伴う修繕箇所数の増加と修繕内容の複雑化が進んていることが懸念事項として考えられました。一方、修繕維持積立金も潤沢にある状況ではなかったたため今次大規模修繕事業では以下を実施方針として進める事としました。


 ①事前調査を実施し修繕が必要な個所を全て洗い出す
 ②その中で今次大規模修繕事業で改修すべきところと、今後数年以内に計画

  的に修繕すべきところに分類する
 ③修繕維持積立金予算の範囲内で実施する

2.業者の選定

 上記大規模修繕事業実施方針の下に業者選定に入りました。(株)カタヤマ殿含め3社に上記方針に沿った対応について打診し提案を求めました。結果とし(株)カタヤマ殿に委託をさせて頂く事としましたがそのポイントは以下でした。


・事前調査の結果から、外壁や防水、鉄部等の構造物のみならず、電気、防災

 設備等を含めた網羅的な修繕への提案があった事
・それらについて、前回の大規模修繕からの耐用年数や劣化状況から鑑み具体

 的なデータに基づいて、すぐ修繕が必要な事項と、今後計画的に修繕すべき

 事項に分類されて提案がされた事
・費用面については、当方集会室活用による現場経費の削減、足場の工夫によ

 る間接作業費の削減、塗料の調達方法の工夫等による直接材料費の縮減など

 さまざまな工夫により、当方から依頼した予算枠を考慮した見積もりの提示

 があった事
・工事実施後の保証についても各項目ごとに具体的な年数での提示があった事
・そして何よりも現場責任者、営業担当者が熱意を以てこれらの説明をしてく

 れた事

などが決め手となりました。
実は前回(第2回)の大規模修繕事業も(株)カタヤマに委託しており、そのアドバンテージは少なからず有ったかとは思いますが、それ以上の我々の期待を超える確りとした提案をして頂きました。

3.実際の工事について

 2016年9月~12月に大規模修繕工事が実施されました。事前準備として、バルコニーの植木の移動や不要物の廃棄等については、前述のように高齢者が多く困難が予想されましたが、カタヤマの作業員の方々が積極的に出助けをしていただき大変ありがたかったし助かりました。
 また、玄関エントランスに「工事掲示板」を設置して頂き、明日の工事予定や洗濯物干し可否情報等を提示していただくとともに、各戸へのお知らせチラシの配布等により、タイムリーな広報活動を自主的、かつ積極的に実施して頂きました。
 更に工程的にも、洗濯物干し制限ができるだけ早期に解消できるようにとの考慮かにベランダ防水を優先的に実施するなどの考慮も頂きました。途中降雨の影響等もありましたが、休日でのリカバリー等も実施して頂き、予定通り12月24日に引き渡しを頂く事が出来、明るくきれいな環境でお正月を迎える事が出来ました。

4.所感と今後の対応について

 老朽マンションですが、おかげ様ですっかり綺麗になり資産価値も向上した事と考えています。日々の心のこもったいろいろな対応について、多くの居住者から感謝の言葉がありましたし、仕上がりの程度の良さに大きな評価も頂いています。
 (株)カタヤマ殿に依頼して本当によかったです。現場責任者の竹中さんはじめ、工事に加わって頂いた全ての皆様のご尽力の賜物です。改めて感謝申し上げます。今次大規模修繕では、実施を見送った箇所についても是非(株)カタヤマ殿に委託して行きたいと考えています。わが相模原サニーハイツの継続的な維持管理に引き続きのご協力をお願いいたします。